待ち合わせ場所へ行ってみると、タイトな服を着てボディラインからしていやらしい体をしたAさんが登場。

服の上からでもわかる巨乳っぷりに期待が高まる。

Aさんは20歳で看護学校へ通う看護師の卵。

患者の世話をする前に、年明け早々からぼくの世話になるのがとてもえっちです。

彼氏はいるけど、あまりクンニをしてくれないのだそう。そういう人のために僕がいるのです。

ホテルへ着くやいなや服を脱がせ、下着姿になってもらうと豊満なおっぱいが登場。さすがFカップというだけの圧倒的ボリューム感です。

目隠しをしてもらって、横へすると、まずはうつ伏せの状態からマッサージを始めます。

体全体へ指を這わせて反応を伺い、徐々に性的なアプローチをしかけていきます。

おしりからオマンコに手を這わせるとピクンと反応。さっそくぴちゃぴちゃ音を立てています。

マッサージを一通り終えたころには、まだクンニにすら至っていないというのに大洪水でこちらも興奮。

そのまま欲望のままにオマンコへ顔をだいぶ。

本能を解放してオマンコをこれでもかとぺろぺろします。

Aさんもすぐに1回イッてしまってさらに濡れ濡れ。

糸がひきまくりです。この糸がたまらなくエロい。

今回はクンニだけという約束でしたが、結局お互い我慢できず合体。

最高の夜を過ごしたのでした。